空き時間にササッと使用|コンプレックスを育毛剤やシャンプーで解決

Male hair growth

利用の注意とリスク

医薬品の育毛剤の注意点

hair growth

育毛剤には、医薬品のものと医薬部外品のものがあります。何が違うのかというと効果のあらわれ方に違いがあります。医薬品のものに関しては、発毛の効果があらわれやすいとされています。効果が高いのは医薬品のほうになるのですが、その反面副作用のリスクも伴います。医薬品は使用することで、体に何らかの影響を及ぼすものに関して厚生労働省が医薬品と認定します。医薬部外品は、医薬品のものとくらべると体への影響は緩やかです。医薬部外品は、簡単に言えば育毛目的に使用するものであり、現状ある髪を将来にわたって残していきたい維持していきたいのであれば医薬部外品です、髪を発毛させることが目的なのであれば医薬品の育毛剤を選びます。

副作用のリスクについて

髪を発毛させるのであれば、医薬部外品のものよりも医薬品の育毛剤を使用したほうが発毛効果が得られる確率は高いです。しかし、効果の高いため副作用のリスクもともないます。医薬品の育毛剤には、ミノキシジルの成分が含まれています。ミノキシジルは、もともと血管拡張剤として使用されていたため副作用として血圧の低下や脈拍数が増加してしまう副作用がでることがあります。体への負担も医薬部外品よりも医薬品のほうが高いです。不安であれば、まずはお医者さんに診断をしてもらってから使用をすることです。医薬品は、通常薬剤師がいないと購入できなかったのですが、インターネットでの通販が解禁となったことから簡単に入手できるようになっています。